うなじ脱毛のメリット~自己処理できない襟足がスッキリ!憧れの「うなじ美人」へ

うなじ脱毛

脱毛というとワキや腕、脚といったイメージがあると思いますが、実はうなじもできることをご存じでしょうか?
自己処理に手間取りがちな襟足も、脱毛すれば悩むことはなくなります!ほんのり色香も漂う「うなじ美人」、そのメリットについてご紹介します。

あなたの「うなじ」見られてます!脱毛で得られるメリットは?

自分では見えないうなじですが、人からは結構見られる部分です。
ところでうなじって、大体どの辺までを言うのでしょうか。
そして脱毛することで生まれるメリットについてまとめてみました。

うなじの範囲は「襟ぐり」

うなじの範囲は明確に決まっているわけではありませんが、一般的には首の後ろから、付け根である「襟ぐり」までとされています。
体の前面から見ると、鎖骨辺りまで、ということになります。ただし、耳の後ろはうなじとはみなされないこともあるなど、人によって多少考え方が変わることもあります。

うなじ脱毛のメリット

くすみ解消!うなじを見せることにためらいがなくなる!

うなじ部分は産毛やおくれ毛が多く、そのために自分のうなじを汚い、と思っている人もいるのではないでしょうか。
そんな人こそ、脱毛がおすすめです。脱毛すれば、おくれ毛が落ちてくることがなくなるので、きれいな状態をキープしやすくなります。
だからショートカットに挑戦したいと思ったら、ためらわずできる可能性も高まります。また、髪の毛もまとまりやすくなるので、アップヘアーにもしやすくなります。
さらに、産毛やおくれ毛は肌をくすんで見せることがあります。それが脱毛によって解消され、ワントーン明るい肌へと変化することもあります。肌もつるつるになり、魅力アップにつながることも多いです。

心配も解消!きれいなうなじをキープ

うなじが脱毛できることはあまり知られておらず、自己処理を頑張る人も多いです。
ただ、どの部分でもそうですが、自己処理は肌トラブルを起こしやすいです。特にうなじは自分で見えない部分を処理することになるので、カミソリによる出血や、残しておきたかった毛まで処理してしまうというトラブルが起こりがちです。出血を防ぐために除毛クリームを使う方法もありますが、こちらも必要な部分まで処理する可能性があります。また、湿疹やかぶれといった肌トラブルを起こすことも考えられます。
そんな心配も、エステサロンやクリニックで脱毛すれば解消されることがほとんどです。いつでも見せられる、きれいなうなじを保ちやすくなります。

うなじ脱毛はデザインが選べる!料金や回数は?

デリケートゾーンの脱毛をするときにもデザインを選ぶことができますが、うなじも同様にいくつかの脱毛パターンがあります。その料金や回数についても調べてみました。

デザインは約4パターン

うなじ脱毛では、次のようなデザインのパターンから選ぶのが一般的です。

  • 左から右まで同じ長さでパッツン前髪のように揃えるスタイル
  • 真ん中部分を短めにして自然なアーチを描くスタイル
  • 真ん中部分を長めにして自然なアーチを描くスタイル
  • 左右の端っこを少し長めのラインにするスタイル

自分のうなじの雰囲気や、希望するスタイルに合わせてサロンや医療機関で相談するのがよさそうです。

単品コースは難しい?セットで脱毛を

うなじ脱毛は、それだけでコースが組まれていることはかなり少ないようです。
全身脱毛などで組み込まれていることが多く、サロンや医療機関によっては「うなじはどうされますか?」と聞いてくれる場合もあります。もしうなじの脱毛を考えている場合は、相談してみるとよさそうです。

また、サロンによっては自分でいくつかの部位を選んで脱毛できるプランがあります。
そういったところでは、6回コースで13,000円~21,000円くらいで受けられることが多いです。
ただし脱毛の回数はサロンによって異なり、2~20回と幅広いです。料金も何回コースを設定するかによって前後します。

回数は医療機関の方が少なめ

脱毛の回数は一般的に6~12回ということが多いですが、サロンか医療機関のどちらで施術するかによっても変わってきます。
基本的には医療機関でレーザー脱毛する方が、出力数が高く効果も出やすいとされています。
サロンの場合は料金は手軽ですが、医療機関で使用する機器より出力数が弱いため、施術に必要な回数は多くなることがほとんどです。

脱毛にかかる期間は医療機関で1年半~2年、サロンでは2~3年と言われています。だから平均2年ほど見ておく方がよさそうですね。
ただし、どの程度の仕上がりで満足するかというのは人によって違います。産毛も何もないつるっつるの状態がいいか、多少お手入れが楽になる程度で満足かによっても、必要となる期間は違ってきます。

うなじ脱毛で注意したいこと

最近は脱毛といっても気負わずしやすくなりました。
とはいえ、毛にダメージを与えるため、多少は体にも負担がかかります。脱毛後の体に負担がかかりすぎないように、いくつかの注意点をご紹介します。

脱毛中の日焼けには注意!

脱毛するとき、その期間中の日焼けは厳禁です。脱毛は毛を抜けやすくするため、光やレーザーを照射します。その光やレーザーは、黒いもの(黒色メラニン)に反応するよう作られていますが、日焼けをした肌では十分な効果を得られにくくなります。さらに、その状態では、施術を受けられなくなる可能性も出てきます。
そうでなくとも、日焼けは肌にダメージの加わった状態です。肌荒れなども起こりやすくなり、脱毛に差し支えることもあります。
うなじは首の後ろで、油断して日焼けしやすい部分です。日焼け止めを塗ったり、ストールでカバーするなど日焼け対策を怠らないようにしましょう。

施術後は保湿をしっかりと!

脱毛すると肌が乾燥しやすい状態になります。乾燥は肌のバリア機能を弱め、トラブルを起こしやすくします。だから施術後は顔のお手入れと一緒に、うなじにも保湿クリームを塗っていたわってあげましょう。

痛みを感じることもある

うなじ部分は他の部位に比べ、皮膚が薄いです。そのため、脱毛の際痛みを感じることもあります。特に、レーザー脱毛の場合出力数が高いため傷みをサロンでの施術に比べると、痛みを感じやすいこともあります。

自分では見えづらいけど人からは見られているうなじ、脱毛がオススメ!

うなじの毛は意外と太く、再生力が比較的高いと言われています。自己処理できないことはないですが、きれいな状態をキープできる脱毛の方が、心配することも少なくなります。うなじだけのコース設定は少ないですが、他の部位を脱毛する際はうなじもセットで受けてみてはいかがでしょうか。

自分では普段鏡で見ることも少ない部分ですが、人からは見られることも多いです。脱毛しておけば、色んな髪型を楽しめるようになりますよ。