VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)はじめてガイド~脱毛サロンで安心・快適ムダ毛対策

VIO脱毛

脱毛というとワキや腕、足といった部分を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。実は最近VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)も、お手入れをするべき場所の一つとして脱毛する人が増えています。とはいえデリケートな部分です。脱毛して大丈夫なのか、どんな脱毛方法なのかを調べてみました。

VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)とは?

VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)の定義

VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)はデリケートゾーンの脱毛です。「V」はビキニライン(Vライン)、「I」は陰部の両側の縦ライン(Iライン)、「O」は肛門を中心としたヒップ奥(Oライン)を指します。ちなみに「ハイジニーナ」は「衛生」を意味する単語の「hygiene(ハイジーン)」から作られた造語です。

VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)のメリット

水着を着る機会もそんなにないし、デリケートな部分を見られるなんて恥ずかしい…そう思いVIO脱毛をためらわれる方もまだまだ多いです。処理することでどんなメリットが生まれるのでしょうか。

処理する方が衛生的

VIO脱毛をするメリットは、なんといってもその方が衛生的にいいからです。実は元々デリケートゾーンは蒸れやすく、不衛生になりやすい部位なんです。そしてその原因がムダ毛です。この毛を処理することで下着の中の通気性がアップし、排せつ物の付着を防いだり、雑菌の繁殖を防ぐ効果が生まれます。

また、生理中にかゆみやニオイが気になるという人もいますが、これもムダ毛による蒸れが原因です。この場合も脱毛によって症状緩和につながります。

肌トラブルを減らせる

中にはデリケートゾーンを、カミソリや脱毛クリームを使って自己処理しているという方もいるかもしれません。しかし皮膚が薄いデリケートゾーンの場合、自己処理は肌トラブルを起こす可能性があります。だからあまりおすすめとは言えません。

トラブルの例として挙げられるのは、肌荒れや黒ずみ、埋没毛といった症状があります。さらに自分で見える範囲には限界があり、死角も多いことから肌を傷つけてしまうことがあります。VIO脱毛ならそういったことが起こる可能性が低くなり、安心して清潔な状態を保ちやすくなります。

ファッションの幅が広がる

水着のときはもちろんですが、普段の下着でもVIOラインを整えておけばさまざまなタイプのものを楽しむことができます。デザイン性の高いTバッグやタンガも安心して履けます。

VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)で脱毛するのはどこまで?

ファッション性はもちろん、脱毛すると衛生的にも肌のためにもよさそうなVIO脱毛。ところで脱毛というからには全ての毛を脱毛してしまうのでしょうか?

Vゾーンはいくつかのパターンで脱毛できる

vライン元々のVIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)はVIOラインの毛をすべて脱毛し、つるつるの状態にすることです。ただ、日本ではそこまでする人は少なく、Vラインはある程度毛を残した状態にするというケースがほとんどです。またOラインも比較的残す人が多いです。

どのくらい毛を残すかやその面積はサロンとの相談になりますが、ある程度の形はサロンごとに決まっています。例えば三角形のトライアングル型、柔らかいラインの卵型、細いIライン型、自然な台形や長方形、Uライン型などです。どんな形や量がいいか、施術前に少しでも希望を決めておくと相談もスムーズにすすみやすくなります。

黒ずみ部分があったら?

自己処理をしている場合でなくとも、デリケートゾーンが色素沈着を起こし黒ずんでいるケースは多いです。これは下着や衣類によって締め付けられたり、こすれやすいためで仕方ないことです。また、Iラインも肌荒れしやすい場所です。

そうした黒ずみも多少であれば対応してくれるサロンが多いです。ただしIラインの粘着部分は、色が濃いため照射できないこともあります。また、あまり色素沈着のひどくなった状態では、施術の際強い痛みが出ることもあります。そのため機器の出力をあげられず脱毛効果が弱まることもあります。

VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)の流れは?

脱毛の流れ

具体的に脱毛するとなったらどんな風に進んでいくのでしょうか。

  1. 施術前におおまかな自己処理
  2. ジェルを塗布し照射
  3. トリートメント
  4. 自己アフターケア

サロンへ予約し訪問すると、ほとんどのサロンではカウンセリングが行われます。このとき自分の希望や不安なことも伝えられるチャンスです。もし気になっていることが伝えるようにしましょう。

実際に脱毛する日取りが決まったら、日焼けや肌荒れ、乾燥に注意して過ごしましょう。そして前日までか当日に、自分で脱毛する部分の処理をある程度しておきます。その際Vラインの場合は希望の形に処理しておくと施術がスムーズです。また、処理の際はハサミで先に短くカットしてから電気シェーバーで処理する方法がおすすめです。

当日は紙パンツとガウンを着用して施術を受けるというサロンが多いですが、Oラインのときはそれを脱いで施術することが多いです。1回目の脱毛時は恥ずかしさを感じるかもしれませんが、2回目になると和らぐことがほとんどです。それにスタッフは何人もの人のお手入れをするので、あまりこちらが意識することはないです。

施術の際は、最初に冷却ジェルが塗布されます。これは照射の傷みを弱めるためです。その後照射開始、1部位につき数分~30分程度の施術です。VIO全体だとおよそ45分程度の施術になることが多いです。終了後はサロンごとにクールダウンやトリートメントといったケアが行われます。

施術後は肌がいつもより敏感な状態です。そのため下着によるこすれや摩擦によってかゆみなどが起こることがあります。もし気になってもこすったり掻いたりしないようにして、冷たいタオルなどで冷やすようにするのがおすすめです。

乾燥もしやすいので、できるだけ数日間は保湿するよう心がけましょう。その他、当日は激しい運動や飲酒は避け、お風呂もシャワーのみですませるのがおすすめです。

脱毛するときの痛みは?

個人差があるが比較的痛みを感じることが多い

脱毛の中でもVIOラインの毛は太いため、施術の際比較的傷みが起こりやすい箇所とされています。ただ、個人差があり一概にはどの程度とは言えません。また、Vラインは痛いけどIラインは大丈夫という人や、Vラインはそこまで痛くないけどIラインは痛かったなど人によって痛みが起こりやすい箇所が違うことも多いです。

脱毛するとしたらどのくらいの期間、費用を見ておくべき?

脱毛すると決めてもどのくらいの期間や費用がかかるのかは知っておきたいですよね。

脱毛サロンなら平均18回以上

VIOラインを脱毛する際、脱毛サロンで施術する方法と、医療機関で脱毛する方法とがあります。脱毛サロンの場合は、施術はほとんどが光脱毛です。その場合、光脱毛は医療レーザー脱毛に比べ効果の持続期間が短いこともあり、通う回数は18回以上になることが多いです。

中には30回弱通うこともあります

また、毛周期の関係で一度施術をしてから次の脱毛まで数カ月あけなければならないため、完了までは3~5年見ておくとよさそうです。

費用は1回3000円から、全身脱毛プランで利用するのもアリ

VIO脱毛の場合、脱毛サロンでは複数回のコースによって金額設定されていることが多いです。キャンペーンをしているところではお試し2回が6000円というところもあります。また、サロンによってはVIO4回コースを申し込むと9600円ほどで通い放題というキャンペーンも行われています。

脱毛サロンの場合、こうしたキャンペーンを行っているところが多いので、かけもちするなどして上手に利用するのがおすすめです。また全身脱毛のプランにVIOが含まれている場合もあり、その方がお得に脱毛できるケースもあります。

後々のことを考えるとVIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)はメリット大

VIO脱毛はデリケートな部分ということで施術を考えることもありますが、衛生面やその後の処理が楽になることを思えば脱毛するメリットは大きいと言えるのではないでしょうか。脱毛回数や期間は長期間になりそうなので、お得に施術ができて信頼できるスタッフがいるサロンを見つけましょう。