ムダ毛の自己処理をやめるべき5つの理由

自己処理

自分でムダ毛処理をすれば好きな時間にササッとできるし、それで十分と思っていませんか?
確かに自己処理にはそうしたメリットがありますが、同時に危険もたくさんあるんです。トラブルを防ぐためには今すぐ自己処理はストップした方がいいかもしれません。

ムダ毛の自己処理で起こりやすい5つのトラブル

よく起こるトラブルは大きく分けて5つほどに分けられます。それぞれ自己処理で使うことの多い、カミソリや毛抜きなどによって起こりやすくなります。その原因やトラブルの内容について見ていきましょう。

埋没毛・毛嚢炎

自己処理で起こりやすいトラブルの代表格が埋没毛や毛嚢炎です。埋没毛は本来であれば皮膚の外側へ伸びる毛が、内側で成長することです。毛穴がなくなり、毛が外に出られなくなることから起こりやすくなります。また、毛嚢炎は毛穴が鳥肌のようにポツポツ飛び出したり、赤くなったりして炎症を起こした状態のことです。時にはかゆみや熱を帯びることもあります。

埋没毛の原因

埋没毛の原因は、主にカミソリや毛抜きを使った自己処理にあります。それ以外にも、脱毛テープやワックスなど、負荷がかかる処理方法でも起こることがあります。カミソリは手軽で便利ですが、実は毛だけでなく肌も削られていることが多いです。そうして肌が傷つくと、肌は「傷ができた」と勘違いすることがあります。すると、毛穴がなくなり埋没毛の原因になります。カミソリ以外でも、毛抜きを使うと抜いた部分が穴になるため、肌が傷口をふさごうとしやすくなります。

毛嚢炎の原因

毛嚢炎は毛穴が炎症を起こして赤く、ポツポツ膨らんだような状態になることですが、これもカミソリや毛抜きを使って肌がダメージを受けたことが原因です。自己処理の際に毛穴が傷つき、そこにブドウ球菌などの雑菌が入ることで起こりやすくなります。自己処理をお風呂でする、と言う人は要注意。お風呂は雑菌も多いので、毛嚢炎も発症しやすくなります。

埋没毛・毛嚢炎の解消方法

埋没毛になった部分は自分で治そうとピンセットなどで皮膚を破るのは厳禁です。そんなことをすると、下手をすればその部分から雑菌が入ってしまい、余計に悪化する可能性があるからです。そのため、もし埋没毛を発見したときはボディスクラブなどで古い角質を取り除くことから始めましょう。そのあとしっかり保湿することで、解消しやすくなります。

毛嚢炎の場合は、消毒などをして炎症を鎮めることが第一です。さらにお風呂でも抗菌石けんを使用したり、汗をかいたらこまめにシャワーを浴びる、下着を変えるなどして清潔を保つことが大切です。

黒ずみ・色素沈着

自己処理を続けていると、肌がなんとなく黒くなったような気がする、ということはありませんか?それも自己処理が原因で起こったトラブルの一つです。特にワキなどムダ毛処理をする頻度が高い部分によく見られます。肌は刺激を受けるとメラニン色素が生成されます。それが蓄積すると肌に茶色く沈着して残り、取れにくくなります。

黒ずみ・色素沈着の原因

黒ずみや色素沈着は、カミソリ、毛抜きの他脱毛ワックスを使い続けた場合にも起こりやすいです。自己処理だと同じような場所を何度も繰り返し剃ったりするので、その都度肌に刺激を与えてしまいます。肌は、その刺激から身を守ろうとメラニンを生成します。通常メラニンが生成されても、ターンオーバーとともに排出されますが、それがどんどん溜っていくと黒ずみや色素沈着となり、残ってしまいます。

ひどくなると脱毛できなくなることもある

色素沈着は、軽度であれば脱毛することで解消できる場合もあります。ただ症状が重くなると、脱毛自体ができなくなる可能性があります。30代、40代と年齢を重ねるごとに色素沈着の度合いも強くなるかもしれません。そうなってから脱毛をしようと思っても、できないと言われないよう注意する必要があります。

黒ずみ・色素沈着の解消方法

黒ずみや色素沈着を解消するには、一番は自己処理自体をストップすることにあります。これ以上悪化させないことが第一です。その上で、肌をクリアに導くような化粧品を塗布するなどのケアをすれば、改善するケースがあります。

湿疹や肌の赤みトラブル

薬剤を塗布する形でのムダ毛処理方法で起こりやすいのが湿疹などのトラブルです。

湿疹などの肌トラブルの原因

肌がヒリヒリ赤くなったり、湿疹ができたりしやすいのは、除毛クリームやジェル、脱毛クリームといった薬剤を使ってムダ毛処理を行った場合です。特に敏感肌など、肌が弱めの方は注意が必要です。こういった薬剤を塗布して処理を行う方法は、毛を溶かすことでムダ毛をなくすというものです。手順としては薬剤を塗るだけなのでとても手軽なのと、処理後の見た目が比較的きれいなので取り入れている方も多いです。

しかし「毛を溶かす」ことは、たんぱく質を溶かしているということです。確かに毛はたんぱく質で出来ていますが、それは皮膚も同じです。そのため、除毛クリームなどでムダ毛を処理すると、肌にも影響を与える可能性が高くなります。薬剤は肌のことを考えて作られてはいるものの、トラブルを生む可能性はゼロではありません。使いすぎると、埋没毛の原因になることもあります。

ホルモンバランスなどによって影響が出ることもある

生理前になると肌荒れする、という方も多いと思いますが、女性の体はホルモンバランスの変化を受けやすいと言われています。そのため、普段は除毛クリームを使用した際問題なかったとしても、ホルモンバランスが崩れているときに使うとトラブルを起こす可能性があります。

しかも持続効果は短い

除毛クリームなど薬剤を塗布するタイプの自己処理は、処理をしてすぐはきれいな見た目が得られますが、効果の持続時間が短いのもデメリットです。これは毛根から毛を抜いているわけではないことが理由として考えられます。そのためすぐ目立つようになるので、使用頻度も多くなりがちです。それがまたトラブルを生む原因にもなります。

肌の乾燥、毛穴の開き

特に目立ったトラブルがなくても、自己処理は肌の乾燥や毛穴の開きを招きやすいです。

肌は刺激を受けると乾燥する

カミソリを何度も肌に当てたり、除毛クリームなどの薬剤を塗ることは、その分肌に刺激を与え、負担をかける行為です。それによって肌は乾燥します。また、毛抜きや脱毛テープ、ワックスなどを使うと、毛は抜けますが毛穴は開いた状態のままの状態になりやすいです。そこからまた乾燥が進行することもあります。

そこからさらにトラブルを引き起こす

たかが肌の乾燥、と思ってはいけません。乾燥はさらなるトラブルを引き起こしやすくなるからです。例えば開いた毛穴に雑菌が入って炎症が起こったり、埋没毛に発展する可能性があります。

保湿をしっかり、紫外線はNG

もしどうしても自己処理しなければいけないときは、その部分は処理してそのまま放置するのではなく保湿をすることが大切です。これは脱毛の施術を受けた際も同様です。また、外出前や朝は処理をしないよう心がけましょう。紫外線も肌に刺激となり、ダメージを与え乾燥させたりメラニンを生成しやすくするからです。万が一のときは夜の就寝前に行い、そのあと保湿して眠ることが、ダメージを最小限に抑える方法です。

自己処理自体が時間の無駄

さまざまな肌トラブルを引き起こす可能性がある自己処理ですが、そうしたリスクを負うこと自体がやめるべき理由の5つ目と言えそうです。

埋没毛になれば見た目も悪い

せっかく苦労して自己処理をしても、埋没毛が起こると見た目も汚く見えがちです。しかもそうなると、毛抜きなどで埋もれた毛を出そうとすれば余計に肌が汚くなったり、状態が悪くなりやすく、解消するのも一苦労です。そして改善するためのケアが必要になるということは、そのための時間を作らなければならなくなります。それって余計な手間ではないでしょうか。

剃り残し、剃り忘れを見つけたらショック

自己処理でやりがちなのが剃り残しです。自分では見えづらい部分を処理しようとすると、どうしても剃り残しが多くなります。また、急なイベントが入ったりしたときは、服を考えるので精一杯になったりして剃り忘れることもあります。大事なシチュエーションであればあるほど、こんなミスは痛いですよね。

処理のための時間にはその分のお金もかかっている

カミソリや毛抜き、除毛クリーム・・・それぞれの単価はそんなに高いものではありません。しかし、自己処理は数日おきに必要になることも多いです。夏場など、露出が増える時期は1日おきにしていることもあるのではないでしょうか。いくら手軽に処理できるといっても、積み重なれば結構な時間がそのために取られていることになります。

また、一つ一つの単価は低くても、積み重なれば金額も大きくなります。さらに肌トラブルが起これば、そのケア代が余分に必要になります。

自己処理でいいことはほとんどない

自己処理は確かに手軽ですし、いつでも自分の好きなときにできるというメリットがあります。ただ、それ以上に肌トラブルを起こしやすく、トータルで考えるとデメリットの方がかなり大きいと言えます。

脱毛してしまえば余分なお金も悩む時間も減らせる可能性大

ムダ毛処理の方法には脱毛という手があります。一時的に出ていく金額は大きいですが、通うのは頻繁な場合でも月1回からです。さらに施術を受けるごとに毛は少なくなっていくことがほとんどで、ムダ毛で悩むことも減るはずです。そして自分で見えづらい部分も施術してもらえるので、剃り残しなどの心配も減らせます。

脱毛でも肌トラブルが起こらないというわけではありませんが、自己処理で起こりやすい埋没毛などの不安はほとんど解消できます。場合によっては色素沈着も改善するかもしれません。これから何年、何十年と続くムダ毛との戦いを、自己処理でトラブルと隣り合わせのまま行うよりは、数年間我慢して脱毛に通う方がきれいな肌へと導きやすくなるのではないでしょうか。