脱毛の種類~光脱毛(フラッシュ脱毛)・医療レーザー脱毛・ニードル脱毛 それぞれの特徴

脱毛の種類と違い

気になるムダ毛、自己処理よりも美しく仕上げるなら脱毛がおすすめです。とはいえ、「脱毛」で調べてみると「光」だったり「レーザー」だったり、はたまた「ニードル」と何種類もあって正直よくわからない!ということはありませんか?今回は脱毛方法のそれぞれの特徴と、どのような選択をすればお得にきれいになれるかということについて調べてみました。

光脱毛の特徴

光脱毛は脱毛エステサロンで多く取り入れられている方法です。その名の通り、脱毛したい部位に光をあてて効果を生み出します。ときどき「フラッシュ脱毛」と呼ばれることもありますが、意味は光脱毛と同じです。

肌への負担を最小限にしたいなら光脱毛

人によって肌の強さは異なりますが、敏感肌の人や痛みにあまり強くない人は光脱毛がおすすめです。

広範囲の光で負担を軽減できる

光脱毛では複数の波長を使うので、一度に広範囲の施術ができます。そしてその分パワーも拡散されるため、肌への負担を和らげやすくなります。また、機器の出力数にも一定の制限が設けられているので、医師免許を持たないエステティシャンでも施術が行えます。

光脱毛にはS.S.C方式やIPL方式といった種類の脱毛方法があります。どちらも脱毛したい部位にあらかじめジェルを塗り、光を当てるやり方です。肌への負担だけ考えると、特にS.S.C方式はほとんど痛みを感じられないことが多いと言われています。これは、専用のジェルを使用するのですが、それがライトによって毛穴に溶け出し、抑毛効果を生み出すためです。つまり、光の力はジェルが溶ける分だけでいいので、最小限のパワーに抑えられるのです。

対するIPL脱毛はどちらかというとレーザー脱毛に近く、黒色メラニンに反応する光を使って施術を行います。このとき使われるジェルは光をより吸収するために使われます。

さまざまな毛に効果が期待、さらに美肌効果も

複数の波長を使う光脱毛だからこそ、さまざまな毛に効果が出やすいと言われています。例えば一般的にレーザー脱毛は黒色メラニンに反応して脱毛効果を生み出しますが、その分産毛や細い毛は色素が薄いことが多く、効果が出るのに時間がかかることが多いです。光脱毛はそうした毛にもまんべんなく力が働きやすく、毛の再生を阻止しやすいと言われています。

さらに、光脱毛は美肌効果も期待できます。IPL方式だと可視光線によってコラーゲンが生成され、ターンオーバーが整い美白にもつながりやすくなります。それはひいては肌のキメを整えたり、毛穴を引き締めることにもつながります。

費用は安め、でも時間がかかるかも

光脱毛を採用している脱毛エステサロンは、キャンペーンも多く格安で施術できることも多いです。肌への負担などを考えると光脱毛はとても魅力的です。ですが、肌に優しいということはその分あまり強いパワーで施術できないということです。そのため光脱毛は、脱毛方法の中では完了までに時間がかかりやすいのが難点です。

レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛は医療行為の一つと決められているので、施術は医療クリニックでしか受けられません。医師免許や看護師免許を持った人の施術・診察を受けられるので何かトラブルが起こったとき対処してもらえるなど、安心感も感じやすいです。

短期間で効果を出したいならレーザー脱毛

レーザー脱毛のメリットは短期間で確実な効果が出ることです。全身のほとんどのパーツが、大体5~6回の施術で完了することが多いです。光脱毛の場合、最低でも10回以上、人によっては20回以上の施術が必要になることもあるので、レーザーの効果の方が短期間で終了できる可能性が高いです。

単一の波長で確実に効果を生み出す

光脱毛が複数の波長の光を使うのに対し、レーザー脱毛は単一の波長を使います。このレーザーは黒色メラニンに反応するよう作られており、毛の太さに関わらず効果を生み出しやすいのが特徴です。また、使用される機器は認可の下りた医療用なので、出力数も光脱毛に比べて高いです。それにより、効果も出やすくなります。

レーザー脱毛もダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザー、YAGレーザーなどいくつかの種類があり、医療クリニックによって使用される機器やメーカーが異なります。それぞれの種類によって特徴も異なります。例えばダイオードレーザーは比較的照射範囲が広く、アレキサンドライトレーザーは冷却ジェルを塗布せず施術できるのがメリットです。また、通常日焼けした肌は脱毛できないことが多いですが、YAGレーザーならそれが可能かもしれません。

毛の根本にダメージ、美肌作用も

レーザー脱毛で使われるレーザーは、黒色メラニンにだけ反応します。それが毛をつくり出す毛根や毛乳頭にダメージを与え、毛の再生能力を抑えます。さらに光脱毛より出力数の高いパワーを使えるということで、繰り返すことで永久脱毛にも近づきやすくなります。光脱毛もそれに近い効果は得られますが、レーザー脱毛はより少ない回数、短期間でそこまで導ける場合があります。

また、レーザー脱毛で使われるレーザーは、元々美容治療で使われていたものもあります。そのため脱毛をしながら肌のキメを整えたり、毛穴が引き締まったりという美肌作用も期待できます。

人によっては痛みを感じやすく、部位によっては金額も高くなるかも

レーザー脱毛のデメリットの一つが人によって痛みを感じやすいというところです。特にVIOラインなど毛が濃く太かったり、デリケートな部分で起こりやすいです。ただ、クリニックによっては施術の前に麻酔クリームなどを使ってもらうこともできるので、我慢せず相談すると快適な施術を受けられるかもしれません。

また、一般的にレーザー脱毛は光脱毛に比べて金額が高めと言われています。これはレーザー脱毛を行えるのが医療機関に限られ、さらに自由診療となることが多いからです。確かに単一部位で見た場合、脱毛エステサロンの方が安価で施術を受けられることが多いです。しかしレーザー脱毛は短期間で効果を感じられやすかったり、予め設定されている回数で十分効果に満足できることも多いです。

そのためトータルで考えると医療クリニックで施術を受けたほうが安上がりという可能性もなきにしもあらずです。特に全身脱毛など施術部位が多くなると脱毛エステサロンと金額が変わらないことも多くなります。

ニードル脱毛の特徴

現在ある脱毛方法の中で、最も永久脱毛に近いと言われているのが、このニードル脱毛です。「ニードル=針」を使い、一つ一つの毛穴にアプローチする方法です。

最後の仕上げはニードル脱毛

ニードル脱毛は先端が針のようになった器具を使い、毛穴に電気を流し、毛乳頭を破壊します。確実にダメージを与えられるため、脱毛効果も高いのが特徴です。ただ施術する側にとってみたら毛穴を一つ一つ施術していかなければなりません。そのため時間と費用もかかりやすいです。

毛穴に直接電気を流してダメージ

光脱毛やレーザー脱毛と違い、ニードル脱毛は毛穴に直接器具を通し、電気を流します。そのためより確実に毛乳頭を始め、その他の毛をつくり出す組織にダメージを与えやすくなります。脱毛方法としては一番古く、得られる効果も高いことから、「永久脱毛ができる」と認められているのはこのニードル脱毛のみになります。

また、ニードル脱毛にも種類があり、電気分解法や高周波法、この二つを合わせたブレンド法があります。現在はブレンド法が主流です。さらにニードルにも金属アレルギーを避けるためチタンなどでコーティングされたものや、絶縁材でコーティングされたものなど種類が分かれます。

金額は本数制や時間制ということも多い

ニードル脱毛は毛穴一つ一つを施術していく方法です。ワキ一つ取ってみても、毛穴って数え切れないほどありますよね。それを一つ一つ施術していくのですから、かなりの時間が必要ということはお分かりになると思います。そのため、ニードル脱毛の料金は、「○本○円」だったり「○分○円」だったりと本数や時間によって料金が区切られることが多いです。相場では、5分で2,000~3,000円くらいと言われています。

また、一般的にレーザー脱毛や光脱毛の場合カウンセリングは無料ということも多いですが、ニードル脱毛の場合は有料になることもあるので注意しましょう。

施術者の能力次第で痛みが変わることも・・・

かかる料金の心配もさることながら、もう一つ気になるのが傷みの程度です。やはり毛穴に直接電気が流れるので、他の脱毛に比べると痛みを感じやすいことが多いようです。麻酔を使用してもらえる場合もあるので、一概には言えませんが施術者によっても技術の差があるので確実に大丈夫とは言い切れません。

一つに絞らず掛け持ちがおすすめ

光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛とそれぞれにメリット、デメリットがあるようです。今回まとめて出た結論は「一つの方法に絞る必要はない」ということです。それぞれの「いいとこどり」が満足できる一番の近道かもしれません。

自分の中で脱毛の優先順位を決めよう

「いいとこどり」というのは、例えば「いつまでにムダ毛をある程度なくしたい」というときや、どうしても気になる部分だけはレーザー脱毛にする、あるいは肌への負担をかけたくない部分や、気にならない程度まで抑毛出来ればという部分は光脱毛を使うなどの使い分けです。さらに、「光もレーザーも試したけど、もっと完璧にツルツルにしたい!」と思ったらそこだけニードル脱毛で仕上げるという選択肢もあります。

料金面だけでいえば、脱毛エステサロンのキャンペーンならかなりお得に施術を受けられます。だから脱毛が初めてという人は、まずお試しで脱毛がどんなものか受けてみるのに利用してもいいかもしれません。そして、一度施術を受けたからといって光にこだわらず、レーザー脱毛やニードル脱毛という選択も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

そのためにはまず、どの部分を脱毛したいかという優先順位や、どの程度までムダ毛をなくしたいかという自分の基準をある程度作っておくことをおすすめします。