光脱毛とレーザー脱毛の違い~定義・効果・費用を比較!

ポイントを紹介する女性

脱毛といえば、サロン脱毛で扱われる「光脱毛」と、医療クリニックで受けられる「レーザー脱毛」が主流です。どちらを選ぶかは人それぞれですが、「名前だけ聞いてもどう違うか分からない!」という人もいるはず。
そこで今回は、それぞれの定義や効果、費用について比較してみました。

光脱毛、レーザー脱毛、それぞれの定義は?

まずはどういった定義づけがされているか、それぞれの特徴についてまとめてみました。

光脱毛とは

「複数の波長」で広範囲に照射可能

光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれ、IPL(インテンスパルスライト)などの機器によって、脱毛したい部位に光を照射する方法です。
IPLの光には肌のターンオーバーを整え、ハリを生み出す効果があるとされています。そして、その光の持つエネルギーが毛根部分のメラニンを刺激することによって、脱毛を促進し、減毛の効果が期待できます。
レーザー脱毛に比べると、光脱毛は複数の幅広い波長をもつ光を照射するため、より広範囲の照射が可能と言われています。また、最近では光脱毛による家庭用脱毛器も販売されており、価格は20,000円台から手に入れることができます。

レーザー脱毛とは

「単一の波長」で集中的に行う

レーザー脱毛は、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーなどの種類があり、単一の波長によって集中的に脱毛したい部分を照射する方法です。
また、レーザー脱毛に使用される機器は医療用レーザーです。そのため、医療の専門知識を持った有資格者だけが使える、というところが光脱毛との大きく異なります。

さらに、レーザー脱毛の場合、安全性などの面で認可の下りた機器のみが使用されるということで、光脱毛に比べて出力数の高い機器が使用されることが多いです。
また、元々レーザー脱毛も、シミやそばかすの治療用として使用されていました。そのため、施術することによって色素沈着の軽減や、くすみの解消、肌のキメやハリを整える効果が期待できます。

レーザー脱毛についても、家庭用のものが販売されていますが、その場合出力数が弱かったり、脱毛の範囲もメーカーが推奨する部位のみになっていることがあります。これは医師でなくとも使えるよう作られているからです。

光脱毛・レーザー脱毛、どちらも薄い毛には反応しづらい

光脱毛、レーザー脱毛ともに産毛など薄い毛には反応しづらいという側面があります。
特に白髪の状態になっている場合は、施術しても効果が表れることが難しい場合もあります。また、元々ムダ毛の量が少ない人などは、脱毛効果が出づらいことも考えられます。

光脱毛、レーザー脱毛、それぞれの効果は?

効果がどのくらいあるかというのは気になるポイントの一つですよね。どのような違いが出るか見ていきましょう。

光脱毛

肌への負担、痛みは少なめ

レーザー脱毛は医療従事者しか使用できない、と決められていますが、光脱毛ではそういった取り決めはありません。そのように、光脱毛の機器は資格がなくても使用できる分、脱毛機器の出力数もレーザー脱毛より低めに設定されています。

出力数が低いことで、照射した際肌への負担も優しくなりやすく、レーザー脱毛に比べると光脱毛は傷みも比較的少ないと言われています。ただし、脱毛の効果が表れるのは早くても2~3回施術をし、完了までは12~18回ほどかかることが多いです。人によっては20回以上通わなければならないこともあり、2~3年ほどかかることもあります。

これには脱毛が基本的に毛周期に合わせて施術を行うことと関係しています。毛周期は「成長期、退行期、休止期」の3つに分かれ、およそ2~3カ月ごとの周期で巡っています。脱毛の効果が出るようにするには、成長期に行うことが望ましいとされているため、施術も2~3カ月に1回のペースが一般的です。

光脱毛はレーザー脱毛に比べ、痛みが少ない分効果が出るまで時間がかかることが多いです。また、体調や、人気サロンの場合は予約状況によってスムーズに脱毛を受けられない場合もあり、完了までにかかる期間も長くなりやすいです。

レーザー脱毛

1回の施術で効果が出る可能性もある

効果を感じられるスピードとしては、レーザー脱毛の方が早い場合が多いです。これは光脱毛より出力数が高いことが影響していると考えられます。そのため、一般的にレーザー脱毛の場合5~6回程度の施術で脱毛が完了することが多く、それにかかる期間も1年半~2年と光脱毛に比べて短めです。

このように短期間で効果が得られやすいレーザー脱毛は、人によっては1回の施術でもある程度効果を感じられることがあります。

出力数が高い分、人によっては痛みを感じやすくなるかもしれませんが、クリニックによっては麻酔によって痛みの軽減を図ってもらえる場合があります。
また、レーザー脱毛を受けられるのは医療機関でのみなので、肌トラブルなど何か起こった際は、薬の処方やケアなどが受けられる可能性が高いです。

どちらの場合も部位によっては傷みの強い場合や施術効果が薄れることも

痛みを感じる程度については個人差があります。特にVIOラインなどメラニン色素が濃い部分は、光脱毛、レーザー脱毛どちらの施術であっても痛みを強く感じやすいと言われています。

また、脱毛に通う期間中、日焼けには注意する必要があります。日焼けした肌はダメージを受けている状態なので、無理に施術をすると肌への負担が優しい光脱毛でもトラブルを起こす可能性があります。また、レーザー脱毛の場合、メラニン色素に反応するよう作られているため、肌が黒い状態だと施術できない可能性もあります。

さらに、施術直後は肌が乾燥しやすいです。だからどちらの施術方法であっても、保湿は必ず行うようにしましょう。

光脱毛、レーザー脱毛、それぞれの費用の目安は?

効果とともに気になるポイントが費用ですよね。それぞれどういった特徴があるのかまとめてみました。

光脱毛~格安キャンペーン多数!手軽に始められる

光脱毛を扱っている脱毛サロンでは、格安キャンペーンが行われていることが多いです。それを利用すれば1回数百円程度から脱毛を体験できたり、何か月目までは無料で施術を受けられる、というプランが設定されていることがあります。
通常プランでも1回あたりの費用は数千円程度で収まるところが多く、レーザー脱毛に比べると手軽に始められやすいです。

レーザー脱毛~1回あたりの金額は少し割高?短期間で効果を出したいときはコレ!

一方のレーザー脱毛は、光脱毛に比べると1回あたり平均10,000~20,000円と少し割高に感じられやすいです。
ただし、効果の出るスピードは光脱毛に比べると早いことが多いので、短期間で高い効果を出したいという人には適していると考えられます。
また、一旦は脱毛サロンで手軽に始めても、効果が出るのがゆっくりだと何度も通うこととなります。そうすると最終的にはレーザー脱毛の方が安上がりになる、というケースも考えられます。

部位ごとに掛け持ちするのもOK

脱毛は一度通いだしたら最後までそのサロンやクリニックに通わないといけない、ということはありません。一旦手軽な脱毛サロンで施術をしたものの、後々クリニックでレーザー脱毛を受けることになるなら、最初から部位ごとに掛け持ちする、という方法も選択肢の一つです。
そうすれば、どうしてもきれいに脱毛したい部分はレーザーで確実に、少し毛量を減らしたい程度であれば光脱毛で安価に施術を受けることも可能です。キャンペーンやお試し体験を利用すれば、さらに費用を抑えられる可能性があります。

光脱毛とレーザー脱毛、それぞれの特徴を上手に利用

今回調べた中では、短期間で効果を出したいのであればレーザー脱毛の方が比較的早く、手軽に施術を受けたい場合は、サロンで行われる光脱毛の方が費用を抑えられそうです。そして、レーザー脱毛が医療従事者しか扱えないものであるのに対し、光脱毛については特に必要となる資格はない、という違いもあります。
「とりあえず脱毛ってどんな感じか知りたい」というときはサロンで光脱毛を体験してみてもいいですし、「少しでも早く脱毛を終わらせたい」と思えばレーザー脱毛を受けるという選択肢があります。また、部位ごとに両方を掛け持ちするという方法もあります。

ただし、どちらも薄い毛には反応しづらく、部位によっては傷みが強い場合もありますので、注意が必要です。自分の中でどこを脱毛したいか決まったら、それに合わせて光脱毛かレーザー脱毛かを選ばれることをおすすめします。