脱毛サロンの“永久保証”とは~どういう意味?永久脱毛と違うの?

疑問に思う女性

脱毛サロンの紹介で“永久脱毛”とは別に“永久保証”という言葉を見かけたことはありませんか?どちらも「永久」とつきますが、どう違うのでしょう。それに“永久保証”は全てのサロンでついているわけではありません。なんとなく、ついている方がなんだかお得そうですよね。そこで、今回はそれぞれの言葉の意味についてまとめてみました。

永久保証の意味とは

永久保証というからには何かを「永久に保証してもらえる」のかな、と考えられます。その定義はどうやらサロンによってさまざまなようです。

脱毛した部位が「永久に生えてこない」という保証ではない

永久保証、という言葉のイメージから「脱毛した部位の毛が永久に生えてこなくなる」という保証に思われがちです。サロンによって定義は異なるものの、残念ながらその意味ではないということはないようです。

「施術を受けている間」は無制限で無料保証

一般的に「永久保証=施術を受けている間は期間・回数無制限で永久に保証する」という意味で使われているようです。脱毛は、何回かのコースになっていることが多いですよね。しかし、実際はそれを終了しても生えてくることがあります。

例えば、6回のコースを申し込んでいて、そこに永久保証がついていなかったとします。そしてもし、6回を終了したあと、またムダ毛が気になってきたとします。そうすると、すでにコースは終了してしまっているので、新たに申し込んで追加料金を支払う必要があります。

ここで、もし永久保証のついているコースに申し込んでいれば、追加料金が必要なくなる、というわけです。サロンによって使い方は異なりますが、大きくとらえるとこのような意味であることが多いです。

保証内容や対象期間はサロンに要確認

永久保証がついているサロンでも、使い方は異なるというのはお話しした通りです。そのため、サロンによっては「サロンを利用して何年か経っていても再来院価格で施術を受けられる」という、期間無制限ではあれど追加料金は発生する、という場合もあります。また、保証期間が決められているところもあります。

永久保証、と書いてあっても何を保証してもらえるのか、その対象期間はいつまでなのかを確認しておくようにしましょう。

永久脱毛の意味とは

永久保証と見間違えてしまいそうですが、永久脱毛の定義についても見ていきましょう。

永久脱毛も100%脱毛できるという意味ではない

「永久脱毛」は一般的に「脱毛が終了して1カ月後の時点で、毛の再生率が20%以下である場合」という定義づけがされています。この定義は、クリニックによって「6カ月以内」と謳われている場合もあります。

「永久脱毛」も永久保証と同じく、言葉だけ聞くと、脱毛した部位は二度と毛が生えてこなくなるようなイメージを持ちやすいです。しかし、人間の毛は防御のためにあるものです。だから永久脱毛をしたとしても、最低限の毛根細胞は作られます。あるいは休止期だった毛が残っている場合もあり、再び毛が生えてくる可能性はあります。

「永久脱毛」という言葉が使えるのは医療機関だけ

恐らく脱毛サロンの紹介で、「永久脱毛」という言葉を見かけることはないはずです。これは、永久脱毛という言葉が使えるのが今のところ医療機関だけだからです。というのは、「永久脱毛」というのは「何十年経っても毛は再生しなかった」という確証がしっかりと得られないと使えない言葉なのです。

脱毛サロンのほとんどで使われている「光脱毛」は、使用され始めてまだ歴史が浅く、そこまでの実証がまだありません。そのため、確証のない段階で「永久脱毛」という言葉を使うと法律に引っかかるため、サロンでは使われません。

ただ実際は、光脱毛でも毛を作りだす毛乳頭にダメージを与えることが可能です。だから永久脱毛に近い効果が得られる可能性はある、ということになります。

本来の永久脱毛は「50年以上」の実績が必要

永久脱毛という言葉は、本来50年以上生えてこなかったという実証がされた場合使われるものです。
これに当てはまる脱毛方法として、ニードル脱毛が挙げられます。光脱毛をしたあと、より確実にムダ毛をなくしたい場合は、気になる部分だけニードル脱毛をするというのも一つの方法です。

永久保証がついているおすすめのサロン

永久保証がついていても、サロンによって使い方は色々です。その中で特に期間や回数など、安心して任せられそうな保証内容のサロンをいくつかご紹介します。

  • C3
  • ミュゼプラチナム
  • 銀座カラー

C3

C3の永久保証は、施術後のムダ毛を期間、回数の制限なく見てもらえるという内容です。「脱毛品質保証書」というものがもらえるようになっていて、契約期間後も無料でメンテナンスができる、という保証書になります。何年後であってもムダ毛が生えてきたら施術してもらえる、というのは安心材料の一つにできそうですね。返金保障も90%ついています。

ミュゼプラチナム

低料金で人気のあるミュゼも永久保証がついているコースがあります。特に、両ワキやVIOラインなど部位単位であっても無期限で保証がついているのが魅力的です。安価な上、返金システムなども整っているところは嬉しいポイントです。

銀座カラー

銀座カラーの場合は、例えば1年で8回通える全身脱毛コースを申し込んで、1年で完了しなかった場合に、無期限で満足いくまで脱毛し放題というシステムがあります。銀座カラーの場合は途中で解約する場合、残りの回数分から手数料を引いた分が返金されるようになっています。

脱毛は“永久保証”のついたサロンを選ぶと安心感もアップしやすい

永久保証はサロンによって、ついている場合とついていない場合とがあります。脱毛は100%毛が再生しないという確証はありません。
だから永久保証がついたサロンを選んでおけば、万が一毛が生えてきてしまったあとも施術してもらえるという安心感があります。

ただ、永久保証の内容はサロンによって異なります。そのため申し込むときは期間、回数、料金といった保障内容について、確認しておくようにしましょう。