敏感肌の人は脱毛しない方がいい?肌質と脱毛の関係性

敏感肌と脱毛

敏感肌の人は化粧品や衣類など、身に着けるものから気を使わなければならないことも多いのではないでしょうか。だからといって、ムダ毛をそのままにして人目に触れるのも、身だしなみとしてどうかなって思いますよね。本当に敏感肌だと脱毛できないのか、肌質と脱毛の関係性について調べてみました。

脱毛より自己処理の方が危険なことも!?

「敏感肌だし自己処理するしかない・・・」と思っている人は、ちょっと待った方がいいかも。もしかしたら自己処理の方が、肌への負担が大きいかもしれません。

ムダ毛より肌に負担が大きい

自己処理は手軽ですし、脱毛よりは肌の負担が少ないと考える人もいるかもしれません。実はそれ、間違っている可能性大。むしろ自己処理を繰り返す方が肌にはダメージを与えていることが多いです。

肌をガリガリ・・・どんどん悪化

ムダ毛を処理するときカミソリを使っているという人、多いですよね。このカミソリ、一見仕上がりはまぁまぁきれいになりますが、処理しているときのイメージは「毛」ではなく「肌の表面を削っている」の方が近いです。だからどんなに処理をしようと、毛の根っこ部分は残ったままですから、数日経てばまた気になりはじめます。しかも自己処理を繰り返すたびに肌の表面が傷ついていくので、敏感肌が悪化する一方になることもあり得ます。

毛穴が開き、炎症悪化

カミソリと同じくらい使われることの多い毛抜きですが、これも敏感肌を悪化させる可能性の方が高いです。というのは、無理やり毛抜きでムダ毛を抜くと、その毛穴は元々より広がりやすく、ダメージも大きくなります。その状態では雑菌も入りやすくなりますし、炎症を起こしやすくなったり、さらに悪化しやすくなります。

薬剤タイプも肌荒れの原因に

比較的肌への負担をかけずに脱毛、除毛できるといわれる「脱毛クリーム」「除毛クリーム」といった薬剤も、敏感肌の人にはあまりおすすめできません。確かに普通肌の人なら問題ないほどの負担で済むかもしれませんが、敏感肌の人は薬剤に含まれる成分自体で肌が炎症を起こす可能性もあるからです。

敏感肌でも脱毛できるチャンスは増えている

「自己処理はリスクの方が高い、でも脱毛もできないなら、どうしたらいいんだろう」と悩まれている方、大丈夫!今回調べてみたところ、肌質を問わず、敏感肌だとしても脱毛ができる可能性はかなりあることがわかりました。確かにひと昔前は脱毛というと「痛い」「肌に負担」というイメージが強かったのですが、今は痛みも少なく肌への負担も和らげられるような機器がたくさんあるようです。

機器の進歩で毛根だけにダメージが与えられやすい

最近は、エステサロンで採用されることの多い光(フラッシュ)脱毛や、医療クリニックでのレーザー脱毛を使った施術が主流です。どちらの脱毛方法でも、毛根のメラニン色素にダメージに与えられるので肌への負担が自己処理に比べ少なくなりやすいです。そのため肌質を問わず施術を受けられる可能性も広がっています。

光脱毛なら肌への負担は最小限に

光脱毛はその名の通り光を当てて脱毛する方法です。使われる光の波長が幅広いため、一度に広範囲を施術できるのが特徴です。範囲が広い分、肌への負担も一点集中になりにくく、ダメージを減らしやすくなります。光脱毛にはS.S.C方式やIPL方式などのやり方があります。特にS.S.C方式の場合抑毛効果のあるジェルを光で溶かすだけの照射パワーで十分なので、肌への負担は最小限に抑えられると言われています。

また、最近は脱毛エステサロンでも医療機関と連携しているところが多いです。だからもし万が一肌トラブルが起こったとしても、病院を紹介してもらえるところを選んでいれば安心感も持てるのではないでしょうか。

医療機関という安心感があるレーザー脱毛

医療レーザー脱毛は光脱毛に比べると単一の波長を使用し、照射パワーが強いことも多いです。だから短期間で効果を感じやすいと言われていますが、その分肌への負担が心配と思って、敏感肌の人は避けがちかもしれません。ですがレーザー脱毛が受けられるのは医療機関ですから、専門知識のある、医師免許や看護師免許を持った人の診察や施術を受けられます。

だからトラブルにはすぐに対処してもらえる、アフターケアの態勢が整えられていたり、使用されるマシンも認可の下りたマシンしか使えないことになっているので、安全面にはかなり気を使われています。

カウンセリングやお試しプランで解消してから申込もう

いくら最近の脱毛が、肌への負担が少ないといっても敏感肌の場合トラブルが起こらないとは限りません。だから不安なことはカウンセリングで解消して、納得してから申し込みをした方がベターです。多くの脱毛サロンや医療クリニックで、申し込み前は無料のカウンセリングが行われます。自分の肌も大切ですし、お金もかかることなので、その機会で聞きたいことは確認しましょう。

さらに、本申し込みを行う前にお試しプランや体験キャンペーンを利用することもおすすめします。自分の肌質に、そのサロンの脱毛方法が問題ないかどうかをチェックするのにも有効です。

脱毛サロン、クリニック選びは肌質のことも考えて

同じ敏感肌でも、程度によっては施術を断られるケースもあるようです。例えば極端なアトピー肌や敏感肌といった肌質だとその可能性があります。どこまで施術できるかはエステサロンやクリニックの技術にもよりますが、少しでも可能性がある脱毛サロン、クリニック選びをしましょう。

「敏感肌専用」とも言えそうなサロンもある

炎症が広範囲の状態だったり、色素沈着が強い状態の肌は、脱毛サロンやクリニックによっては断られるケースもあるようです。ただ、中には敏感肌、アトピー肌問わず施術ができる「敏感肌専用」のようなサロンも見つけました。

ディオーネならアトピー肌、日焼け肌でも施術できるかも

一般的に敏感肌だけでなく、アトピー肌や日焼けした肌だと、状態によっては施術を断られるケースがあります。また、大量にニキビができているときや、色素沈着が強いときもそうした可能性があります。
その中で「ディオーネ」は「3歳から脱毛できる」というコンセプトの元、敏感肌やアトピー、日焼け肌、ニキビ肌であっても施術ができる可能性が高いです。

「熱」が低ければリスクも低くなる

ディオーネが敏感肌や肌質を問わず施術できることが多いのは、照射する光の温度が低いことが関係しているようです。通常は、肌の奥にある「毛根」にダメージを与えて毛の再生を抑制します。だからそこまで届くだけの温度が必要です。ですがディオーネの場合、その温度が38度前後なんだそうです。これは水でいうと「ぬるま湯」程度の温度です。そのくらいなら炎症も悪化しづらく、新たにヤケドもしづらいですよね。

こうした低い温度でできるのは、ディオーネの脱毛方法が「これから生えてくる予定の毛の成長を抑制する」やり方だからです。肌の奥にある「毛根」ではなく肌の表面に近い「休止期」の状態の「毛の種」にアプローチするので、低い温度でも施術ができるのです。だからヤケドや炎症といったトラブルのリスクも減り、年齢や肌質を問わず施術ができることが多いんだそうです。料金はトライアルでも15,000円程度と少し割高かもしれませんが、一度検討してみてもいいかもしれません。

自分でも保湿ケアを怠らないように・・・

脱毛は、トラブルが起こらないようサロンやクリニック側が注意するのはもちろんですが、自分でも気を付けたいことがあります。それは保湿です。普通の肌質の人でも、脱毛をしたあとは肌が乾燥しやすくなります。敏感肌の場合は特に乾燥もしやすいので、より気を付けてケアする必要があります。施術前はもちろん、施術後もしっかりとクリームなどを塗って保護しましょう。

「敏感肌だから・・・」と肌質であきらめないで

敏感肌だと、普通肌の人に比べて化粧品や衣類など身に着けられるものが限られることが多いです。状態がひどくなるにつれて、使っても問題ないかどうか恐る恐る試したり、吟味しなければならないこともあるでしょう。とはいえ、今回調べた限り、そうした肌質だから脱毛ができない、とは言い切れないことが分かりました。

自己処理より脱毛!自分に合ったサロン・クリニック探しをしよう

敏感肌だから脱毛できない、と最初から諦めて自己処理を繰り返す方が肌をどんどん悪化させてしまうこともあります。光脱毛や医療レーザー脱毛は日々進歩していて、肌への負担を少なく施術できるよう工夫されています。まずは一度相談に訪れてみてはいかがでしょうか。それでも肌質や状態によっては施術を断られるケースもありますが、ディオーネなどのように幅広い肌質の人をカバーしてくれるサロンもあります。自分にあった施術先をぜひ探してみてください。