SSC脱毛、IPL脱毛の違いは?意味・技術・効果の違いとメリット・デメリット

SSCとIPLの違い

最近はエステサロンでも手軽に脱毛ができるようになりました。各サロンを比較してみると、それぞれに特色がありどこも魅力的です。
そんな中、脱毛の方法として「SSC脱毛」「IPL脱毛」という言葉を目にされたことはありませんか?
同じ脱毛でもどういう違いがあるのか、パッと見ただけではわかりづらいですよね。今回はその二つの脱毛方法について、それぞれの意味や技術、効果の違いなどについてまとめてみました。

SSC脱毛・IPL脱毛 それぞれの意味

脱毛って名前は色々あるけどどう違うの?

脱毛サロンについて情報を集めていると、SSC脱毛やIPL脱毛の他、光脱毛やフラッシュ脱毛などなど、色んな名前が出てきます。それぞれどういう違いがあるのか、まずはそれを知っておきましょう。

元々は同じ「光脱毛」の一種

ほとんどの脱毛サロンでは「光脱毛」が採用されています。SSC脱毛とIPL脱毛はどちらも、その光脱毛の中の一種です。一口に脱毛といっても、そのためのマシンはたくさんあります。また、サロンによっても使用するものが異なります。つまり、光脱毛が脱毛の「方法」とすると、その中にSSC脱毛やIPL脱毛といった「種類」があり、それぞれのサロンによって採用されているものが異なるということです。ちなみに、「フラッシュ脱毛」というのは「光脱毛」と同じ意味になります。

SSC脱毛の意味

SSC脱毛は「スムース・スキン・コントロール(smooth skin control)」の略で、イタリアで開発されました。
施術の際、独自に開発された専用のビーンズジェルを塗布した上で「クリンプトンライト」という光をあてる施術方法です。
この方法は、ミュゼ・プラチナムや脱毛ラボなどのサロンが採用しています。

IPL脱毛の意味

IPL脱毛は「インテンス・パルス・ライト(intense pulsed light)」の略で、「強く瞬間的な光」という意味があります。
この脱毛方法ではキセノンランプという、カメラのストロボを応用したような光を使います。
それによって一度に広い範囲を照射することができます。IPL脱毛を採用している代表的なサロンは、キレイモや銀座カラー、エピレなどがあります。

SSC脱毛とIPL脱毛 技術・施術方法の違い

ジェルを塗布して照射するまでは同じ?

SSC脱毛とIPL脱毛とは、どちらもそれぞれ脱毛したい部分にジェルを塗布してライトを当てるという面では同じです。
それだけ聞くと、「どこが違うの?」と思ってしまいそうですが、どうやらムダ毛に対するアプローチの仕方が違うようなんです。

IPL脱毛のジェルはサロンによってそれぞれ

同じジェルでも、SSC脱毛のジェルが独自の専用ジェルであるのに対し、IPL脱毛の場合はサロンがそれぞれ選んだものが使われます。ここも違いの一つです。

SSC脱毛ではジェルが抑毛効果を生み出すSSC脱毛

SSC脱毛の施術は脱毛したい部分に専用のジェルを塗布し、光を当てます。このとき使われるジェルは、光に反応して溶け出すよう作られている特別なものです。だから専用のジェル以外を使っても効果が期待できません。
ちなみに、ジェルの中には美肌成分が含まれており、黒ずみ解消や毛穴の引き締め効果なども期待できます。

照射によって溶けたジェルは毛穴に入り込み、抑毛効果を生み出します。そのためSSC脱毛の場合、すぐに毛が抜けるというよりは2週間ほど経ってから徐々に抜け落ちていくことが多いです。一度でなくなることはありませんが、繰り返すことで徐々に抑毛効果が高まり、毛の生えてくる本数が少なくなります。

黒色メラニンに直接アプローチするIPL脱毛

対するIPL脱毛も、脱毛したい部分にジェルを塗ってから光を当てます。
このジェルは光の吸収を促進するよう作られています。というのは、IPL脱毛で使われる光は元々、あざやシミなどの治療に使われていて、黒色メラニンにだけ作用するようになっているからです。
黒色メラニンはあざやシミといった色素沈着はもちろんのこと、髪の毛にも含まれているものです。だからムダ毛にも使えるというわけですね。そしてその光をさらに効率的に吸収できるようなジェルが使われます。

メラニンは熱を浴びるとタンパク変性という変化を起こします。これにより能力を失い、結果的に毛は死滅します。
だからIPL脱毛を行うと、照射された分の毛は一旦抜け落ちます。そしてその後再生されますが、その毛は以前より細い状態で成長します。
こうした流れを繰り返すことにより、ムダ毛は生えてきてもどんどん細い状態となり、やがて生えづらくなります。
最終的には毛根すら死滅し毛穴も収縮して目立たなくなります。

SSC脱毛とIPL脱毛 効果の違いは?

アプローチしやすい毛の状態に違いあり

SSC脱毛とIPL脱毛とは、どちらも同じような方法で施術を行いますが、効果が出やすい毛の状態にその違いを見つけました。

SSC脱毛|産毛・細い毛に有利

SSC脱毛はジェルが毛穴に入り込むことで脱毛効果を生み出します。
そのため、比較的脱毛しづらいと言われる産毛や細い毛など、色素の薄い毛も関係なく効果が期待できます。産毛などは背中や顔といった部分に特に多いので、この部分を脱毛したい場合は、SSC脱毛の方が有利かもしれません。

IPL脱毛はVIOなど色が濃く太い毛におすすめ

対するIPL脱毛は、黒色メラニンに反応する光なので、色が濃く太い毛に、より有効な脱毛です。例えばVIOラインなどの部分を脱毛したい場合は、効果があらわれやすいと考えられます。
また、一度で広範囲を施術できる上、照射威力がレーザー脱毛より小さいことで、痛みは感じにくいと言われています。

美肌効果は、SSC脱毛とIPL脱毛どちらも期待できる

どちらの種類の脱毛でも、施術後の美肌効果は期待できます。SSC脱毛の場合は専用ジェルの中に黒ずみを解消したり、毛穴を引き締めるような美肌成分が含まれているので、美白効果が期待できます。IPL脱毛も、光の刺激によってコラーゲンが生成され、肌の活性化が起こりやすくなります。これによってキメが整ったり、くすみの改善につながることが多いです。

SSC脱毛とIPL脱毛 それぞれのメリット・デメリット

得られる効果とともに肌への影響、痛みは違いあり

両方とも得られる効果にはメリットがありますが、その分デメリットも生まれます。痛みや肌質によっても、向き不向きがありそうです。

痛みを最小限に抑えたいならSSC脱毛

光脱毛は全般的に肌への負担が少ないと言われていますが、SSC脱毛はその中で最も肌に優しい種類と言われています。それは、使用する光自体はジェルが溶けるくらいのパワーで十分なので、弱いものでも大丈夫だからです。だから痛みも少なく、肌のダメージも最小限に抑えやすくなります。必然的にトラブルのリスクも減り、アフターケアなどで必要になる費用の心配も少なくなります。

ただその分、効果が表れるのに時間がかかる傾向にあります。どちらかというと抑毛効果を重ねることによって脱毛させるので、完了には12~18回、基幹的には2年~3年見ることになります。

即効性を求めるならIPL脱毛

IPL脱毛の一番のメリットは、比較的即効性があるということです。これは黒色メラニンに直接アプローチすることと、広範囲に照射が可能だからです。だから施術時間も短めです。その分デメリットとして、産毛や細い毛など色素の薄い毛を脱毛するのは大変です。メラニンに反応するようできているからこそ、メラニンの少ない毛には効果が出づらくなります。

また、メラニンにだけ反応するよう作られているので負担は少ないとはいっても、ある程度威力のある光を当てるので、乾燥した肌に照射するとヤケドや炎症を引き起こす可能性があります。だから日焼けした肌は施術できないと言われることが多いです。

肌の負担重視か即効性を求めるか

IPL脱毛はSSC脱毛に比べると痛みを感じやすいと言われているので、肌が弱い人や、痛みに強くないという人はSSC脱毛の方がダメージやトラブルを心配せず施術を受けられるかもしれません。その分即効性はIPL脱毛の方が期待できます。どちらを求めるかは人それぞれですし、効果が出やすい毛の状態にも違いがあるので脱毛する場所によって種類を変えるのも一つの方法です。

美肌効果が得られる可能性はどちらにもあり

脱毛したい部位や肌の状態に合わせて選ぼう

SSC脱毛とIPL脱毛とは、どちらも同じ光脱毛ですが、使用する光やジェルの種類が違います。

SSC脱毛の場合ジェルが毛穴に溶け込むことで抑毛効果を生み出し、脱毛させます。光の強さはジェルが溶ける程度でいいので、弱い力でも施術できます。
だから肌への負担は最小限で抑えられ、肌の弱い人や痛みに強くない人でも施術が受けられやすいです。さらに毛穴にジェルが入り込むので、産毛や細い毛にも一定の脱毛効果を期待できます。

対するIPL脱毛は黒色メラニンに反応する光を照射します。
一度に広範囲を照射できることと、ある程度光の強さがあるのでSSC脱毛に比べると即効性が期待できます。特にメラニン色素の強い、太くて濃い部分のムダ毛には効果が生まれやすいです。
ただ、その分痛みはSSC脱毛に比べると感じやすく、乾燥した肌には照射できない可能性が高いというデメリットがあります。

どちらにも言えるメリットは美肌効果があること、そしてデメリットはある程度回数を重ねないと効果が生まれにくいということです。
特にSSC脱毛の場合は肌への負担が最小限な分、効果が表れるのにも時間がかかりそうです。
美肌効果については、SSC脱毛は専用ジェルにその成分が含まれており、IPL脱毛の場合は光を当てることで肌の細胞が活性化して効果が表れます。脱毛しながら肌がきれいになるのは嬉しいですよね。

それぞれにメリット、デメリットがありますが、脱毛したい部位や肌の状態に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。