脱毛サロンの格安プラン|激安お値段の理由は?効果はあるの?

脱毛サロンの格安プラン

最近脱毛サロンの中には、激安ともいえるほどの料金で施術を受けられるところもあります。そんなに安くて効果はあるの?と思う人もいるかもしれません。一体どうしてそんなに格安にできるのか、そしてその効果のほどについて調べてみました。

脱毛サロンが格安プランを設定できる理由

どうやら格安で脱毛できる理由は一つではなく、いくつかの要素が関係しているといえそうです。

気軽にチャレンジ!メリットを感じてもらうためのお試し価格

脱毛サロンによっては数百円で施術を受けられるところがあります。こんなに安い設定にするのには、より多くの人に気軽に脱毛を体験してもらいたいという思いがあると考えられます。ただしこれを実施できるのも、資金力があってこそです。そのため格安プランを設定する脱毛サロンは大手の場合がほとんどです。

脱毛方法の変化

料金が安くできるようになった理由の一つには、脱毛方法が増えたことも考えられます。以前は脱毛というと針(ニードル)を使った方法が主流でした。これは一つ一つの毛穴に針を使って電流を流し、脱毛するという方法です。

この方法だと一つ一つ施術して行くため、高い効果は得られるものの痛みを感じることが多く、手間も時間もかかります。だから料金も高くなりやすいです。ところが最近は脱毛サロンの場合、「フラッシュ脱毛(光脱毛)」という方法が多く採用されています。

針脱毛に比べフラッシュ脱毛は、一度に広い範囲を照射でき、効率的です。さらに傷みも少ないというメリットがあります。こうした技術の進歩が格安料金を生み出す一つのきっかけになったと言えそうです。

同じような脱毛サロンの増加

格安プランの背景には、依然と比べて脱毛を扱うサロンが非常に増加したことも一因として考えられます。たくさん脱毛サロンがあればあるほど、脱毛を希望する側は施術先を決めるとき、料金を一つの基準にする場合が多いからです。

だとすると、サロン側も他店との競争に勝ち顧客を得るために、格安プランやキャンペーンの実施をしている可能性があります。ただ、これも資金力があればこそできることと捉えることもできます。

医療機関との差別化

脱毛サロンだけでなく、医療機関でも同じように脱毛を扱っています。しかし医療機関では、脱毛サロンのように激安価格で料金を提供することはほとんどありません。それは医療機関と脱毛サロンとでは、人件費や使用する機器のコストに違いがあるからです。

脱毛サロンでは特に資格がなくても施術できますが、医療機関においては国家資格を持った人しか行うことができません。また、使用する機器も医療機関の方がより高性能ということがほとんどです。だからどうしても医療機関の方がコストが高めになります。

また、勧誘や広告等について国から定められた決まりや規制も、脱毛サロンの場合は特に厳しくありませんが、医療機関には明確に存在します。そのため医療機関では過度な広告をうつことはできません。

脱毛サロンはそこを利用して、医療機関との差別化をはかるためにも、キャンペーンなどの格安料金部分をより強調しているというケースも考えられます。

限定的なキャンペーンを利用して高額契約に結び付ける狙い

格安プランを実施する脱毛サロンの中には、期間限定や回数限定にして、部分脱毛を試せるようなキャンペーンをしていることがあります。その場合、より多くの人に来てもらいたいという思いの他に、お試しから全身脱毛などの高額な契約を結べれば、という期待が混じっていることが多いです。

格安プランでも効果はある?

脱毛サロンにおける激安料金の設定には、さまざまな理由が考えられます。では実際施術を受けた場合、他の脱毛サロンや医療機関に比べてその効果に違いはあるのでしょうか?

脱毛サロンでの施術効果はどこで受けてもほぼ同じ

脱毛サロンで施術を受ける場合、激安のサロンでも、ある程度の金額を設定しているサロンでも、得られる効果は基本的に変わらないことがほとんどです。それは、大半の脱毛サロンがフラッシュ脱毛で施術を行うからです。

サロンによっては、ホームページなどで他社との効果の違いを謳っていることもあります。確かに使用する機器によって、多少違いはあるのかもしれません。ただ、それぞれがどこもフラッシュ脱毛を採用している場合、その施術方法や効果に大きな違いがある可能性は極めて低いです。

医療機関と比べると劣る部分もある

残念ながら脱毛の効果については、脱毛サロンは医療機関に劣る部分があります。それは脱毛サロンで使用する機器が、医療機関のものに比べてパワーが弱いことがほとんどだからです。

そのため永久脱毛は医療機関でしか認められていません。これも医療機関で使用する機器の方が能力が高く、有資格者による施術がされるということで、安全性が高いという判断がされていると考えられます。

実際は、脱毛サロンでも永久脱毛に近い状態に持っていくことはできます。ただし医療機関なら6回で終わるケースでも、脱毛サロンでは一般的に最低12回以上の施術が必要という場合があります。また、効果が感じられる期間も医療機関に比べ比較的短くなりやすいです。だからほとんどの場合、かなりの期間継続して施術することが必要です。

脱毛サロン同士なら格安料金のところを選んでもほとんど差はない

脱毛サロンが格安料金を設定する背景には、より多くの人に脱毛効果を実感してほしいという狙いや、脱毛方法の変化があると考えることができます。脱毛サロンの中には、そうして新規顧客を確保することで、他店や医療機関との競合に対抗する思いや、より高額な契約に結び付けたいという目的がある場合もあります。

また、そうした激安価格を打ち出せるということは、その脱毛サロンにしっかりとした資金力がある場合が多いです。ただし実際にその効果の違いについては、脱毛サロン同士の間でその差を感じることはほとんどなさそうです。

もし、よりスピーディかつ確実に脱毛をしたいのであれば、医療機関での脱毛も選択肢のひとつです。脱毛を考える際は、格安料金だけにとらわれず、希望する脱毛効果が得られるまでどのくらいの期間と費用が必要かという観点から選ぶのがおすすめです。