永久脱毛って、本当に永久?脱毛の効果はいつまで続くのか

永久脱毛

どうせ脱毛するならもうムダ毛に悩まされたくない!そう思って永久脱毛を考える人も多いのではないでしょうか。ところで永久脱毛って、本当に「永久」に効果があるのでしょうか。その持続性について調べてみました。

永久脱毛の方法を理解しよう

まず最初に、永久脱毛の方法にはどういったものがあるかを見ていきましょう。

永久脱毛の方法(1)電気脱毛(針脱毛)

永久脱毛の中でも一番効果があると言われているのが電気脱毛(針脱毛)です。これは毛穴の一つ一つにニードルと呼ばれる細い針状の器具を挿入し、直接毛根に電流を流してダメージを与える方法です。これにより毛乳頭が破壊され、ムダ毛が生えないようにすることができます。

電気脱毛は医療行為!エステサロンではできないことも

この電気脱毛は医療行為として定められているため、基本的には医療機関でしか施術を受けることができません。ただし医療機関と提携しているエステサロンなどでは、威力の弱いもので施術を行われていることもあります。

ただしこの方法は脱毛効果は高い分、毛穴に直接針状のものを入れて電流を流すため、痛みが強いというデメリットがあります。また、肌トラブルの起こるリスクもあります。そのためある程度脱毛の完了した人が仕上げとして、気になる部分の施術を行うケースが多いです。

永久脱毛の方法(2)レーザー脱毛

電気脱毛に次いで効果が高いと言われているのがレーザー脱毛です。

永久脱毛の方法としては、最近はレーザー脱毛が主流

レーザーの場合は電気脱毛と違って、一度にある程度の範囲を照射することができます。
また、レーザーは黒いものに反応するようにできているため、肌へのダメージも少なくしてムダ毛処理が可能です。そのため電気脱毛に比べて痛みも少ないのがメリットとなっています。
最初は傷みを感じる場合でも、施術を重ねるごとに痛みの程度が軽くなっていくというケースも多いです。その代り、ほくろやそばかすがある部分は、場合によっては施術ができないこともあります。
レーザー脱毛も電気脱毛と同じく、その施術は医療行為とされています。そのため基本的には施術を受けるなら医療機関で、ということになりますが、電気脱毛と同じくエステサロンによっては威力の弱いもので施術が行われているケースもあります。

永久脱毛の方法(3)フラッシュ脱毛(光脱毛)

ほとんどの脱毛エステで採用されている方法がフラッシュ脱毛(光脱毛)です。この方法は一度に照射できる部分がレーザー脱毛よりさらに広範囲で、なおかつ施術時の痛みも少ないのが特徴です。

お値段は安い…ただし効果はイマイチ

脱毛エステは手軽に始められる値段設定のところが多く、痛みも少ないことから、このフラッシュ脱毛で永久脱毛を目指す人もいます。ただし脱毛の効果は一番低く、効果が持続する時間も短いことが多いです。そのため通う回数もレーザー脱毛に比べると多くなります。

また、脱毛サロンの場合、「永久脱毛」に近い効果は得られるものの、「永久脱毛」という言葉は医療機関でのみ使用が認められているため、使われることはありません。

永久脱毛の効果は本当に永久?

永久脱毛というからには、もう二度とムダ毛処理をしなくてもいいんじゃないかと思いますよね。しかしどうやらそういうわけではなさそうです。

永久脱毛をしても生えてくる可能性はある

永久脱毛の定義は「脱毛が終了して1カ月後の時点で毛の再生率が20%以下である場合」と捉えられることが多いです。つまり、全く生えないというわけではありません。もちろん個人差があるので、本当に生えてこない人もいます。また、生えてくる人も以前のような量が生えてくるわけではないようです。

永久脱毛をした後も毛が生えてくる理由

永久脱毛をしたと思っても生えてきてしまう原因はいくつか考えられます。産毛が濃い毛に変わったというケースです。特にレーザー脱毛やフラッシュ脱毛の場合、黒い色に反応するよう作られています。
そのため薄い色の産毛は脱毛できず残ってしまうことがあります。だから摩擦の多い部位だとそうした産毛が刺激を受けて、濃く変化することがあります。

永久脱毛後の生活習慣の乱れが影響することも

この他にも、男性ホルモンや毛周期の乱れが関係している可能性もあります。人は睡眠不足や生活習慣の乱れなど、ちょっとしたことでもホルモンバランスが崩れることが多いです。そういったホルモンの乱れが起こると、今まで生えていなかった場所から生えてくる可能性があります。

また、毛が生えてこないようにするためには、それをつくり出している毛乳頭などを破壊する必要があります。ただ、これは毛が生えた状態でないとその効果を出せません。ところが毛の作られるサイクルである毛周期も、ストレスや生活習慣の乱れによって狂うことがあります。

そうすると、本来であれば施術するときに生えているはずの毛が生えておらず、施術し損ねるというケースが発生する可能性があります。

永久脱毛が「永久」でないなら、本当に効果はあるの?

永久脱毛といっても毛が生えてくる可能性があるなら、完全にきれいになることは難しいのでしょうか。

やる価値は十分にある

永久脱毛という名称なので、もうムダ毛が生えてこないのではないかと思ったらそうじゃない可能性もあるというのはちょっと不安ですよね。ここで言えることは、確かに可能性はゼロではないものの、効果は確実にあるということです。

回数を重ねることで、より効果が期待できる

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、回数を重ねるごとに徐々に新たに生えてくる本数が減ることがほとんどです。そのため、完了した後は剃毛が不要になったり、生えてきても数本だけ、あるいは以前に比べて熱に弱かったり色素が薄いというケースが多いです。

だから永久脱毛によって、「気にならない」程度にまでムダ毛を減らせる可能性は高いです。もし気になる毛が出てきたら、それだけ電気脱毛で取り除くと効果的と言われています。電気脱毛は永久脱毛に一番近い効果が得られると証明されているからです。

アフターフォローのしっかりしたところを選ぼう

永久脱毛をしようと思ったら、アフターフォローのある店舗を選ぶようにしましょう。お店によっては、脱毛完了後に生えてきた毛にも施術を対応してもらえる場合があります。そうすれば、気になったときも安心して施術をお願いすることができます。

個人差が関係する部分もある

永久脱毛をした人の多くが、「つるつるになった」「毛がなくなった」という感想を持ちます。だから永久脱毛は決して効果がないというわけではないと考えられます。
ただ、どこからが毛がなくなった、つるつるになったと感じるラインかというのは、個人差があります。自分が気にならなくなる程度まで脱毛できることが、永久脱毛と言えるのかもしれません。

永久脱毛は「気にならない」ほどにムダ毛処理ができる

永久脱毛の「永久」は、文字通りに行くかどうかは個人差があり難しいところです。脱毛が完了して数カ月、数年経つまでは本当にまったく毛が生えないという人もいます。反対に、数年経ってから数本毛が生えてきたという人もいます。これには産毛の変化やホルモンバランスの変化などが考えられます。

せっかくお金を払うのに、まったく生えなくなるわけじゃないというのはショッキングですが、それでも脱毛する前に比べると高い効果が期待できます。個人差はありますが、「気にならない」程度にまで脱毛することは可能です。
だから、もし仮にあとから生えてきたとしても大丈夫なように、アフターフォローのしっかりしたお店を選び、脱毛するようにしてみてはいかがでしょうか。