医療レーザー脱毛で部分脱毛|レーザー脱毛に向いている部位はどこ?

レーザー向きの部位

「とりあえず気になる部分だけ脱毛したい!」そんな部分脱毛を考えている人に、今回は短期間で効果を得られやすいとされる医療レーザー脱毛をご紹介します。さらにその中でもどの部分の脱毛がレーザー脱毛の得意範囲なのか、向いている部位はどこなのかについて調べてみました。

医療レーザー脱毛で人気のクリニックBEST3

  • フェミークリニック

    医療レーザー脱毛で部分脱毛|レーザー脱毛に向いている部位はどこ?

    総合評価

    • 1
    • 1
    • 1
    • 0.5
    • 0

    3.13

    口コミ 5件
    • 無料
      カウンセ
      リング
    • カード
      払い
    • 月額制
    • 都度
      払い
    • 分割
      払い
    • 永久
      脱毛
    公式サイトはこちら
  • 新宿クレアクリニック

    医療レーザー脱毛で部分脱毛|レーザー脱毛に向いている部位はどこ?

    総合評価

    • 1
    • 1
    • 1
    • 0.5
    • 0

    2

    口コミ 7件
    • 無料
      カウンセ
      リング
    • カード
      払い
    • 月額制
    • 都度
      払い
    • 分割
      払い
    • 永久
      脱毛
    公式サイトはこちら
  • アリシアクリニック

    医療レーザー脱毛で部分脱毛|レーザー脱毛に向いている部位はどこ?

    総合評価

    • 1
    • 1
    • 1
    • 0.5
    • 0

    3.61

    口コミ 4件
    • 無料
      カウンセ
      リング
    • カード
      払い
    • 月額制
    • 都度
      払い
    • 分割
      払い
    • 永久
      脱毛
    公式サイトはこちら

医療レーザー脱毛のメリット

脱毛するとなったらまず、どの部分をするか考えますよね。その上で大きな選択肢として、脱毛サロンで施術を受けるか、医療機関でレーザー脱毛を受けるかという決断をすることになります。イメージ的には、脱毛サロンの方が手軽に始めやすい印象があるかもしれません。でも医療レーザー脱毛をするメリットも、たくさんあります。

医療レーザー脱毛を行えるのは有資格者だけなので安心

医療レーザー脱毛は、医療行為の一つです。だから扱えるのは医療機関のみで、医師免許や看護師免許を持つ有資格者たちの診察や施術を受けられます。脱毛サロンでは特に資格がなくても施術が行えるので、この点は大きく違うと言えそうです。医療や看護の知識を持った人に診てもらえるというのは大きな安心感にもなり、メリットとも考えられます。また、使用されるマシンも安全性の面で認可が下りたものだけが使用されており、これも安心感につながりやすいです。

医療レーザー脱毛は光脱毛に比べ短期間で効果が出やすい

人によって効果を感じられるようになるタイミングは違います。それでも医療レーザー脱毛は比較的少ない回数、短い期間で効果を感じられやすいと言われています。人によっては1回でムダ毛が減ったと実感できるケースもあるようです。これは脱毛サロンで使用するマシンに比べ、出力数が高く照射パワーが強いことが理由の一つに考えられます。

医療機関なので万一の肌トラブルにも対応可能

レーザー脱毛に限らず、脱毛は少なからず肌へ負担をかける行為です。体調や肌の状態によっては、炎症を起こすなどトラブルが起こる可能性はあります。それでも施術をしてくれるところが医療機関ならば、どこか診察してくれる病院を探す必要はなく、その場で診てもらうことができます。万が一のときも診てもらえるから安心、と思ったら不安も解消されやすいのではないでしょうか。

脱毛だけじゃない二次的な効果も期待できる

レーザー脱毛で使われるマシンは、元々美容治療で使われていたものもあります。レーザーは黒色メラニンにだけ反応するよう作られていて、毛をつくり出す部分を破壊し、脱毛効果を生み出します。それ以外に二次的な効果として、レーザーが毛穴の引き締めやくすみ解消に効果を表したり、コラーゲン生成を促す作用もあるとされます。そうすると肌のターンオーバーも活発になり、ツルツルの肌にも導きやすくなります。

医療レーザー脱毛で部分脱毛 向いている部位は?

基本的に医療レーザー脱毛は体のどの部位でも施術できるとされています。その中でも特に効果を感じられやすい部位をまとめてみました。

脱毛効果が出やすいのは「毛の色が濃く、肌の色が白い部分」

レーザー脱毛の仕組みとして、黒色メラニンに反応するようつくられているため、毛の色が濃いほど脱毛効果も高まりやすいようです。ただ、日焼けした肌など色素沈着が起こった状態の肌には照射できないこともあるので、肌が白い状態であることも効果を得られやすくするポイントと考えられます。その上で次のような部位は比較的医療レーザー脱毛に向いていると言えそうです。

医療レーザー脱毛向きの部位(1)ワキ

毛の色が濃い、と聞いて真っ先に思い浮かべられた方も多いかもしれませんね。そう、ワキはレーザー脱毛に向いている部位の一つです。ほとんどの人が他の部位に比べ、比較的毛が太く濃いので、医療レーザー脱毛には適していると考えられます。

医療レーザー脱毛向きの部位(2)腕、足の毛

これは個人差がありますが、腕や足の毛も医療レーザー脱毛に適しています。特にヒザ下などは濃くて悩んでいるという方も意外と多いです。そんな悩みをお持ちの方は、一度レーザー脱毛を検討してみられてもいいかもしれません。

医療レーザー脱毛向きの部位(3)VIOライン

もう一つ毛が太く濃い部分としてVIOラインが挙げられます。最近は「ハイジニーナ脱毛」と呼ばれたりもしますね。水着など露出の多いファッションを楽しむためだけでなく、衛生面から脱毛する人が増えています。ただ、VIOラインは色素沈着を起こしやすい部位でもあるので、施術ができるかどうかは一度相談してみられる方がいいかもしれません。また、もしそれで施術できないと診断されても、一旦期間をおいたり、治療を受けることにより施術ができることもあります。

医療レーザー脱毛で部分脱毛 不向きな部位は?

医療レーザー脱毛に向いている部位とは反対に、どちらかというと不向きな部位もあるようです。

産毛や細い毛

医療レーザー脱毛の効果を発揮しやすい色濃く太いムダ毛の逆で、毛色の薄い産毛・細い毛の多い部分は脱毛に不向きで、効果が感じられるまでに時間がかかる場合があるでしょう。

脱毛部分にあわせて施術してくれるマシンも。

ただし、最近は産毛・細毛にも対応できるマシンも登場しはじめており、中には脱毛する部分の特徴をふまえてマシンを使い分けて施術してくれるクリニックもあるでしょう。

脱毛マシンのヘッドが当てづらい部分

脱毛マシンのヘッドが当てづらい部分も、ムダ毛にきちんと光が届きにくいため、効果は出にくくなります。

顔のムダ毛

産毛が多い部分はいくつかありますが、その一つに顔が挙げられます。また、産毛ではないですが、狭い範囲に密集している毛にもレーザー脱毛は不向きとされています。例えば男性のヒゲなどがそれにあたります。そのためヒゲ脱毛を始めたとしても、その効果を感じられるまでには時間がかかることが多いようです。

ヒザ、鎖骨、手首、足首など立体的な部位

脱毛マシンのヘッドは色々な形状がありますが、どの場合もヒザや鎖骨、手首や足首といった立体的な部位だと当てづらいことがあります。レーザーを照射しないことには脱毛効果を得られないですから、ヘッドが当てづらい部分は必然的に他の部位に比べると不向き、と捉えることができます。とはいえ、これも医師の技術次第でなんとでもない範囲のものと考えることもできます。

色素沈着、あざやシミ

VIOラインのところで少し書きましたが、色素沈着を起こしている部分には施術ができないことがあります。程度にもよるので、そのまま施術できることもありますが、もしできないと判断された場合はまず色素沈着が治まるのを待ったリ、あざやシミの除去から始められます。また、YAGレーザーなど脱毛マシンによっては、色素沈着が強かったり、日焼けした肌でも施術出来るものがあります。

医療レーザー脱毛では、基本どの部分でも脱毛できる

医療レーザー脱毛の場合、基本は体のどこでも施術が可能です。ただその中でムダ毛が細い部分や色素沈着を起こしていたり、脱毛マシンのヘッドが当てづらかったりする部分だと、効果が得られるまでに時間がかかることが多いです。

部分脱毛するなら毛が太く、濃い部分を中心に

どの部分でもマシンを使い分けたり、回数を重ねれば効果を感じられるようになる可能性は高いです。それでもレーザー脱毛のメリットである短期間で効果が得られやすい部分としては、ワキや腕、足の毛、あるいはVIOラインなどの毛が考えられます。この部分は他と比べて毛が太く濃いことが多いからです。

人によって「この部分だけは早く、確実にムダ毛をなくしたい」と思う部分は違いますが、自分の肌やムダ毛の状態に合わせて医療レーザー脱毛を上手に活用してみてください。